てきすと実験のブログ

いろんな無料サービスのぶろぐを、連動させて、サービスが停止しても、大丈夫なテキストサイトの実験。

静止軌道の高エネルギー電子のフラックスが高くなると 人工衛星の帯電による障害の可能性が高くなります。

静止軌道の高エネルギー電子のフラックスが高くなると
人工衛星の帯電による障害の可能性が高くなります。

2月12日高額払い戻し競馬003・2017・・・

youtu.be


2月13日1回小倉1日高額払い戻し競馬004・2017・

youtu.be


2月18日高額払い戻し競馬00111・2017・

youtu.be


2月18日 1回小倉3日高額払い戻し競馬005・2017・

youtu.be

太陽風速度はやや高速な450km/sから高速な530km/sの間で推移し、太陽風磁場の南北成分が一時かなり強い南向きの状態となったため、地磁気活動はやや活発でした。
18日6時(UT)現在、太陽風速度は高速で磁場強度はやや強い状態が続いているため、今後、太陽風磁場の南北成分が強く南を向いた場合、地磁気がやや乱れる可能性があります。
引き続き今後1日間、地磁気活動はやや活発な状態が予想されます。