読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきすと実験のブログ

いろんな無料サービスのぶろぐを、連動させて、サービスが停止しても、大丈夫なテキストサイトの実験。

2017virtual currency now have turned into tokens・・すでに、通貨の崩壊ということかもしれませんね。

bitcoin:1KtbyC2Wj46PommdEEbgdTQ2nTrYnpTsLV

MONA--MSK2KoszfNuSYjmc5mrCJwoE8kw1WsQJQ8

 

2017virtual currency now have turned into tokens・・・・

youtu.be

2017BSE - BSE Real Time Price. Currency in INR・・・・

youtu.be

世界的な、クラックが起きたわけだが…さらに、肝心なのは通貨取引所が、攻撃され、身代金を払ったということです。現在も、完全には復旧はしていない。これは、間接的な、仮想通貨への攻撃とも考えられる。

仮想通貨または暗号通貨はそのものは、信頼性があっても、取引所は、サーバーへの攻撃には弱い。暗号通貨は通常通貨に変えないと使えないという欠点がある。これは、中央銀行に有利な条件だろう。

結局は、今までの中央銀行システムからは、逃れることはできない。ブロックチェーンにしても、すでに中央銀行が構築し始めているし、世界的送金業務?も、おなじだ。そこで、仮想通貨を選ぶ必要性が、まったくないばかりか、排除の方向で動いているだろう。

つまり、元から、ブロックチェーンを、構築後に、仮想通貨を切り離す作戦で開発が進んだのだろう。例として、リップルがある…これは、最初通貨実験として、IBMのWCG&BOINC で、行われていたが、途中で、とつぜんトークン実験になり、そのままトークンで行く方針となった。

ところが、奇妙なことに…リップルは、基本的には暗号通貨としての機能があるため、一般投資家が、取引し始めて、高騰・・・現在に至る。トークン機能は、銀行が、1円として使うことが決まっている。つまり、貨幣としては、つかわないのだから価値はないといえる。

このような出来事は、すべての暗号通貨のあてはまる。げんざいつうかのようにつかわれてるのは、BTCのみである。ほかは、すべて取引所が、換金してくれるから通貨のように見えているだけで、株券のようなものだろう。

現在、通貨のように使われているBTCだが、既に高騰していて、とても通貨としても使いづらいものになっている。これが、PCなどから湧いてくる?・・これは、中央銀行としては、大変都合が悪い。そのために、BTC崩壊を演出して、すべての暗号通貨を削除しようとしているのだろう。

現在の、暗号通貨の大半は、マイニングしている人や、投資家がもっているわけで、動いているのはごく一部にすぎない。相場が吊り上がってから換金ということになる。それが、仮想通貨の終わりの始まりとなる。

 

f:id:cafemoon:20170515045826g:plain

f:id:cafemoon:20170211025638j:plain

f:id:cafemoon:20170211171202j:plain

 

World banks, SWIFT and others, by ripple teams,
In what currency will the crypto currency
surrounded net be surveyed?
Scenario 1 · · About 10 types of encryption currency
are distributed as semi-money.
Scenario 2 · All cryptographic currency
including ripple becomes invalid.
The cryptographic currency exchanges newly
established will decide which currency to handle,
That fate is divided.
Do you think any currency will remain?